HOME アジア地域の地図 国名一覧アジアの国名一覧から、国旗、首都名、地図を表示します。
 国名 クリックで、首都名、国旗、地図を表示。
地図の首都マーク クリックで、国名、首都名、国旗を表示。
 インド
 首都:ニューデリー
Loading・・・

インド の国旗について サフラン・白・緑の横三色の中央に[アショーカ王の輪]という法輪を配し、 サフランはヒンドゥー教、緑はイスラム教、白は2宗教の和解とその他の宗教を表す。 インドネシア の国旗について 赤と白の2色は、古くから太陽と月を表す色としても親しまれており、 赤が自由と勇気( 男性のエネルギー )を、白が正義と純潔( 女性の純潔 )を表すとされる。 カンボジア王国 の国旗について 1993年の王政復古の際に制定され、青は王権を、赤は国家を、アンコール・ワットの白は仏教徒を表している。 シンガポール の国旗について 赤は普遍的親愛と国民の平等、白は満ちわたりかつ永遠な清澄と高潔を意味し、 三日月は隆盛する若い国家、五つの星は、民主、平和、進歩、正義、平等の理念を表す。 スリランカ の国旗について 金色のライオンはシンハラ族のシンボル、緑はイスラム教徒、橙色はヒンドゥー教のタミル人を意味する。 タイ の国旗について 赤、白、紺の3つの色はそれぞれ国家、仏教、王室を示しており、これらは非公式ではあるがタイのスローガン。 大韓民国 の国旗について 白地の中央に置かれた赤と青の2色からなる「陰陽」で「太極(宇宙の根源)」を表し、 その周囲四隅の「卦」は儒教の基本経典でもある易で用いられる基本図象。 中華人民共和国 の国旗について 赤色は革命を、黄色は光明を表す。大星は中国共産党の指導力を、4つの小星はそれぞれ労働者・農民・小資産階級・愛国的資本家の4つの階級を表す。 ネパール の国旗について 赤は国民の勇敢さを、縁取りの青は平和の意味。 2つの三角形はヒマラヤの山並み、月と太陽はこの国が月や太陽と同じように持続し発展するようにという願いが込められている。 パキスタン の国旗について 緑はイスラム教を象徴する色。白はイスラム教徒以外の少数派の存在を示す。中央には進歩を示す三日月と、光と知識を示す星があしらわれている。 バングラデシュ の国旗について 赤い円は昇りゆく太陽を表し、地の緑色(イスラムの教えを示す緑と区別した濃い緑)は豊かな大地を表す。 また、赤い色は独立戦争で死んだ者の血も表している。 東ティモール の国旗について 黄色の三角形は「東ティモール史に残る植民地主義の跡」を表し、 黒の三角形は「反啓蒙主義」を示す。赤地は「国民の解放への苦闘」、星は「道を示す光」、白は平和を表す ブータン の国旗について 龍の爪についているのは宝石で、富を象徴。龍が白色なのは純粋さと忠誠心を表す。黄色は世俗の君主政治、オレンジは仏教を象徴している。 フィリピン の国旗について 白は平等と友愛を、青は平和、真実と正義を、赤は勇気と愛国心を象徴。黄色い太陽は自由を、 3つの星は主な島であるルソン島・ミンダナオ島・ヴィサヤ諸島を象徴している。 ブルネイ の国旗について 黄色は国王、白と黒は、大臣・地方長官を象徴。中央に配置されたブルネイの国章は、イスラム教・ブルネイ王室・正義・平穏・繁栄・平和を象徴。 ベトナム の国旗について 赤色は独立の為に人民が流した血と社会主義を象徴する。 星は旧ソ連国旗の赤い星と同様に共産党による国家指導を表し、星の黄(金)色は革命を表し、金星紅旗と呼ばれる。 マレーシア の国旗について 図柄はイスラム教の象徴である月と星を、赤と白の線はマレーシアの13の州と、首都のクアラルンプールを表している。 ミャンマー の国旗について 黄色は国民の団結、緑は平和と豊かな自然環境、赤は勇気と決断力を象徴し、 三色の帯にまたがる白星はミャンマーが地理的・民族的に一体化する意義を示している。 モルディブ の国旗について 赤は過去、現在、未来に亘る国民の英雄の勇気、緑は、伝統的に命の源であったココヤシの木を表す。三日月はイスラム教の象徴。 モンゴル の国旗について 左側の意匠は、かつてモンゴルで使われていたソヨンボ文字で、火・地球・水・太陽・月・陰陽を表している。 ラオス の国旗について 赤は独立闘争で流された血の色を、青は国の豊かさを象徴しているとされる。 中央の白丸はメコン川に昇る月を表し、共産主義による国の統一を象徴している。 朝鮮民主主義人民共和国 の国旗について 赤地の部分は朝鮮労働党と領袖への朝鮮人民の忠誠心など、白い円と白地の部分は、朝鮮民族が単一民族であることを象徴。 青は朝鮮民族の伝統色とされる

ページの先頭へ