HOME 中南米の地図・国名・首都・国旗|一覧    次の操作で国名、首都名、地図、国旗と国旗の説明、を表示します。
 「中南米の国旗一覧」の国旗にマウスポイント 「国名一覧(クリック選択)」の国名クリック 地図の首都マーク クリック
アルゼンチン の国旗について 青白青の3色は五月革命の際に使われた帽章の色に由来し、戦闘終了後に作成した。
中央の太陽は「五月の太陽」と呼ばれ、古代インディオの、つまりインカ帝国の独立の象徴である太陽神インティを表し、当時流通していた硬貨の意匠。 アンティグア・バーブーダ の国旗について 黄金の太陽は新時代の始まりを、赤は奴隷であった先祖の活力と国民の力強さを、青は希望を、黒は農場とアフリカ人の遺産を象徴する。
また、金、青、白はアンティグア・バーブーダの観光地である太陽と海と砂浜を表している。 ウルグアイ の国旗について 青と白の9本の縞は当時( 1830年 )のウルグアイの九つの県を示す。
カントンの五月の太陽はアルゼンチンの国旗と同じく、当時のラ・プラタ地域の硬貨の意匠で、古代インディオ、つまりインカ帝国の独立の象徴。 エクアドル の国旗について 黄・青・赤は、1806年に独立運動を開始したミランダが考案した三色旗(※)に由来する。中央に描かれているのは国章。
※スペインの残酷な「赤」地から、大西洋の「青」波を越えて、黄金の理想郷である「金色」の地に到達することを比喩的に表現したもの。 エルサルバドル の国旗について 地の青と白の縞の旗は、エルサルバドルの前身、中米連邦の国旗に由来する。中央にはエルサルバドルの国章。 ガイアナ の国旗について 1966年に制定され「黄金の矢尻(金鏃旗)」と呼ばれている。
緑は農業・豊かな森林を表し、白は川と水資源を、黄は豊かな鉱物資源を、黒は忍耐を、赤は国家建設の熱情とダイナミズムを象徴している。 キューバ の国旗について 青の3本の縞はスペイン統治下のキューバの三つの軍政地域、白の2本の縞は純粋な愛国心を,赤の三角(※)は強さと不変性を、白の星は独立を象徴。
※フリーメーソンの平等を示すシンボルとも言われ、他の旧スペイン植民地国の国旗によく見られる グアテマラ の国旗について 空色は国が太平洋と大西洋2つの海に挟まれていることを表し、中央の白は国の純粋さの象徴。
中央の紋章は1821年にスペインから独立を宣言したことの象徴であり、オリーブの輪が平和を表している。 グレナダ の国旗について 赤は、国民の熱情と勇気および独立を、黄は、太陽の光と国土および富を、緑は、肥えた土地と農業に加えて繁栄を表す。
七つの金(黄)星は、この国の七つの教区を示し、1個の植物の実(ナツメグ)は、国の経済をささえる大切な農作物であることを示している。 コスタリカ の国旗について 青が空、白が自由をあらわしているとされる。1906年11月27日に制定された。 コロンビア の国旗について 三本の帯によるミランダ三色旗。
黄色はかつて産出した、スペイン人の目的であった金を示し、青は面する二つの海(太平洋とカリブ海)を、赤はスペインからの独立の際の流血を表す。 ジャマイカ の国旗について 黒はジャマイカ国民の強さと創造性を象徴し、黄色は強い日差しとこの国の天然資源を象徴する。緑は将来への希望と豊かな農業を象徴している。
キリスト教で用いられる十字架を模したシンボルのひとつであるX字デザインが紋章となっている。 スリナム の国旗について 緑は豊かな国土を、白は正義と自由を、赤は進歩と繁栄を、黄色い星は民族の団結と幸福な未来を象徴する。 セントクリストファー・ネイビス の国旗について 2つの星は希望と自由を、緑は国土の肥沃さ、赤は植民地時代の奴隷制から独立・解放への苦闘、黒はアフリカからの伝統、黄色は日光を象徴している。
2つの星は「セントクリストファー島とネイビス島の2つの島」を示すという説もある。 セントビンセント・グレナディーン の国旗について 青は空と海をし、黄色は日光と温暖な気候を、国民の明るい気質とグレナディーン諸島の黄色の砂を、緑は豊かな植生と国民の忍耐強さを象徴。
ダイヤモンドはこの諸島がアンティル諸島の宝石とされていることから使われ、Vincent の頭文字 V にちなみV 字に配置されているている。 セントルシア の国旗について 青は空と海の象徴で、国を囲む大西洋とカリブ海を表す。黄色は太陽の色、黄金色の海岸、繁栄を意味し、黒と白は黒人と白人の調和を示す。
中央部の2つの三角形は双子の火山であるピトン山を象徴し、「希望」の表れでもある。1979年の独立時に制定。 チリ の国旗について 白い五角形の星は、進歩と名誉、青は空を意味し、白はアンデス山脈の雪を、赤は独立時の流血を意味する。独立前年の1817年に制定。 ドミニカ の国旗について 黄色線は太陽の光、主要産物であるオレンジとバナナ、そしてドミニカ国民の先祖であるカリブ族とアラワク族を表す。緑の星10個は10教区を表す。
白の線は、河川の清らかさと国民の志向の純潔、黒の線は、肥沃な国土とアフリカ系住民を、緑は森と国土の活力を表す。鳥は国鳥の「ミカドボウシインコ」 ドミニカ共和国 の国旗について 青は平和を、赤は独立時の流血を、白は自由を、十字はキリスト教への信仰心を表わす。
中央の国章は、月桂樹とヤシに囲まれた旗の上に聖書と十字架が描かれており、国家の栄光を象徴する。 トリニダード・トバゴ の国旗について 赤は国民の寛容さと日光を象徴し、白は平等と海、黒は国民の粘り強さと統一への使命を象徴している。1962年に制定された。 ニカラグア の国旗について エルサルバドルの国旗やホンジュラスの国旗同様、中米連邦の旗に基づいたデザイン。
国章の三角形の中には、中米連邦各国を表す五つの火山と、平和の象徴である虹、自由の象徴である分離独立主義者の帽子がデザインされている ハイチ の国旗について 青と赤の2色は、黒人とムラート(黒人と白人の混血)の2種類の人種を表わす。
紋章にはヤシの木と自由の帽子、大砲、弾丸、旗などが描かれており、自由と独立の為の戦いの歴史を象徴する。下部の文字の意味は「団結は力なり」。 パナマ の国旗について 赤は独立当時の二大政党の自由党、青は保守党を表わし、白は平和を、青星赤星は両党の協力と国民の団結を表わす。
1904年(コロンビアからの分離独立翌年)制定。1925年に白地と星の配置を変更し、現在のデザインとなった。 バハマ の国旗について 黒い三角形は、アフリカに由来を持つバハマ国民30万人の団結を、右側の二本の青い帯は大西洋とカリブ海を表わす。
右中央の黄金の帯は、大西洋とカリブ海に囲まれた陸地、すなわちバハマの島々を意味する。 パラグアイ の国旗について 世界で唯一、表と裏で図柄の一部が異なる珍しい国旗。図の紋章は表側で独立記念日の「5月の星」、ヤシやオリーブの葉、国名などが描かれた国章。
赤は独立戦争、白は平和、青は自由と秩序の象徴。旗の裏は自由の帽子とライオン、「平和と正義」と書かれた国章の証印。 バルバドス の国旗について 青色はカリブ海・大西洋・空を、黄色は砂浜を表している。
黄色部分の三叉槍(さんさそう・3つの穂を有する槍・海の神ポセイドンのシンボル)は「民主主義」「政府議会」「民衆」を意味している。 ブラジル の国旗について 非公式ながら緑色は森林を、黄色は金と鉱物資源を象徴していると解釈される。
中央の円は共和政が樹立された日の朝のリオデジャネイロの空を表している。天球を外側から見たイメージであるため、星座の模様は左右反転している ベネズエラ の国旗について 黄は豊かな資源と祖国愛、青はカリブ海と不屈の精神、赤は独立闘争で流れた血と勇気を象徴する。8個の星は独立時の州に、ガイアナを加えたもの。
1806年、ベネズエラ独立のために、反スペイン軍を率いる時に掲げた旗に由来する。 ベリーズ の国旗について 青は隣国との友情とカリブ海、赤は国土と独立を死守する決意を表している。
国章には50枚の葉(自治権獲得運動を起こした1950年を記念)と働く住民・特産のマホガニー・帆船などが描かれている。 ペルー の国旗について 赤は勇気、愛国心、自由、白は平和と純粋さを表している。
中央の国章は左がラマ、右がキナというそれぞれペルー特産の動植物、下は財宝で豊かな鉱物資源を表わす。 ボリビア の国旗について 赤は独立闘争で流された尊い血を、黄色は豊かな鉱物資源を、緑は森林資源を象徴する。
中央の紋章には、ポトシの丘やコンドル、ラマ、パンの木など、ボリビア各州の特徴的な絵柄が描かれている。 ホンジュラス の国旗について かつての中央アメリカ連邦旗を継承。青は太平洋とカリブ海を、白は平和を、5つの星はかつて中央アメリカ連邦を構成するはずだった5ヶ国を表わす。 メキシコ の国旗について 白は「カトリックや宗教的な純粋さ」、赤は「国に殉じた愛国者の血」を表しているという。
中央の国章は1325年のアステカの首都「テノチティトラン(現在のメキシコシティ)」の創設を示している。
中南米の国旗一覧
地図の首都マーク クリックで、国名、首都名、国旗を表示。
 国 名:
 首都名:

 国名一覧(クリック選択)

ページの先頭へ