HOME アメリカ合衆国の地図・州名|一覧地図の州都マーククリック、または州名一覧クリックで、州名、州都、州最大都市を表示。
州名 州都 州最大都市 州名一覧(クリック選択)

は ワシントン・DC

アーカンソー州の愛称: 自然の州。農業州であり、大豆、モロコシや米、鶏肉と鶏卵、牛、豚、牛乳、綿花などを産する。州内には多くの原生林があり、狩猟、釣り、ハイキング、キャンプなどに開放され、自動車の進入が禁止されている。州都・リトルロックの市名はアーカンソー川南岸に積み上げられた岩で、河川交通のランドマークであったlittle rockに由来する。アーカンソー州初の大統領となったビル・クリントンが旧州会議事堂前で就任演説を行った。 アイオワ州の愛称: 鷹の目の州。アイオワ州は1972年以降、全米で最初に党員集会が行われる州となっている。そのため、州都であるデモインで行われるアイオワ州での党員集会は、大統領候補指名における一連のプロセスの中で最初の大きな関門となる。 アイダホ州の愛称: 宝石の州。州の大部分が山岳地帯の州であり、農業と共に林業、鉱業が要産業。近年は自然を活かした観光業なども州の大きな収入源になっている。州都・ボイシは全米指折りの治安が良好な都市としても知られており、良好な自然環境、温暖な気候などから最も生活しやすい都市の一つに挙げられている。 アラスカ州の愛称: 最後のフロンティア。アラスカは1867年にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収し.その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1959年1月3日にアラスカ州となった。州都・ジュノーは1881年に金の鉱脈が見つかり町が出来上がると、前年この地を金採掘のベース・キャンプとしたジョー・ジュノーの名を取って、町の鉱夫たちがジュノーと改名した。1906年にシトカの毛皮の取引や捕鯨が縮小されると、アラスカ州の州都はシトカからジュノーへと移った。 アラバマ州の愛称: ハート・オブ・ディキシー(南部の心臓)。州経済は経営管理、金融、製造、航空宇宙、鉱業、医療、教育、小売りおよび技術に依存している州都・モンゴメリーでは、1955年モンゴメリー・バス・ボイコット事件によって公民権運動の歴史に名を残した。ボイコットを主導したマーティン・ルーサー・キング(1964年にノーベル平和賞を受賞)は当時、モンゴメリーのデクスター通りバプティスト教会牧師であった。 アリゾナ州の愛称: グランドキャニオンの州。サボテンのような乾生植物が豊富な砂漠の風景で有名。世界自然の七不思議の一つである渓谷・グランド・キャニオンはアリゾナ州北部の変化に富んだ険しい斜面のある渓谷。今日ではハイテク産業の一大拠点となっており、カリフォルニア州からの企業流入が著しい。州都・フェニックスは20世紀前半からニューディール政策によるコロラド川の電源開発によって、無尽蔵の電力を供給、軍事産業に関わる航空機産業や電器機械工業が発展していき、今日では半導体などのエレクトロニクス産業、また観光都市としても発達している。 イリノイ州の愛称: リンカーンの地。AP通信が行った21項目の人口動態解析に拠るとイリノイ州は「最も平均的な州」とされ、アメリカ大衆の主流として新しい商品、サービスおよび世論調査では市場調査の場所として使われることが多い。州最大都市はシカゴ。第16代アメリカ合衆国大統領リンカーンは、イリノイ州議員、上院議員であった。州都・スプリングフィールドはイリノイ州のほぼ真ん中に位置することから、イリノイ州内の交通の要所の1つとなっている。姉妹都市:栃木県足利市。 インディア州の愛称: 開拓民の州。州名は「インディアンの土地」を意味する。州北西部のカルメット地域は国内最大級の鉄鋼生産地。インディアナ州はトウモロコシ地帯 (コーンベルト)と穀物地帯(グレインベルト)に位置していて、この州の農業方法及び主な農場はこれを反映して生産を行っている。豚及び牛を太らせるために、トウモロコシを栽培する飼料・飼育直結システムがある。州都・インディアナポリスはインディアナが州に昇格した後、1821年に、州都となるべく建設された計画都市。インディ500をはじめとするスポーツツーリズム、およびコンベンションによる観光業も、地域経済において重要な位置を占める。 ウィスコンシン州の愛称: アメリカアナグマ州、酪農の国。小麦の主産地であり、世界規模の小麦の集散地、積出港として有名。また、札幌、ミュンヘンと並んで世界三大ビール生産地としても有名。日本では『あらいぐまラスカル』の舞台の一つとしても知られている。ウィスコンシン州北西部のペピンは『大草原の小さな家』の舞台である。州都・マディソンは1836年に同年死去の第4代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・マディソンにちなんでマディソンという名を付け、準州都に制定した。姉妹都市:北海道・帯広市 ウェストバージニア州の愛称: 山岳の州。石炭の採掘と関連産業は州内の主要雇用主だったので、労働条件、安全問題、経済的思惑などでかなりの労働争議があった。21世紀に入っても安全の問題と環境問題が大きな関心となっているが、多くの他州で発電するためにウェストバージニア州の石炭が使われている。州都・チャールストンは1788年にクレンドニン大佐がバージニア・レンジャーズ開拓者集団を率いてこの地にリー砦を建設し、この地を大佐の父の名である「チャールズ」にちなんで「チャールズ・タウン」と名付け、後に「チャールストン」と短縮された。仙台市や山形市とほぼ同緯度に位置している。 オクラホマ州の愛称: 抜け駆けの州。天然ガス、石油および農業の生産高が高く、また航空機、エネルギー、通信およびバイオテクノロジーに経済の基盤がある。国内でも最大級に経済成長率が高い。当初は全米のインディアン部族のほとんどを強制移住させる目的で作られた州。そのため、他の州に比べ、インディアンの保留地が非常に多い。州都・オクラホマシティは開拓時代に自営農地を求める約1万人の開拓民によって都市を創設。家畜置場や肉加工などの畜産関連工場、また綿花の集散地として発達した。 オハイオ州の愛称: トチノキの州。州内総生産の中で、製造業が18.3%、金融業も18.3%を占めており、最大の産業分野になっている。プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)やジョン・ロックフェラーが設立したスタンダード・オイルがある。日本の自動車会社初のアメリカ現地生産工場として1979年に本田技研工業が操業開始した。州都・コロンバスは本田技研工業(ホンダオブアメリカ)の工場が近郊に進出したことから、デトロイト等と肩を並べる自動車工業都市になっている。秋田市や盛岡市とほぼ同緯度にある。 オレゴン州の愛称: ビーバーの州。州内には多様な景観がある。風に吹き曝される太平洋岸、カスケード山脈のゴツゴツして氷河に侵食された火山、マルトノマ滝など多くの滝、深い常緑樹の森、高原型砂漠など。広大な森林があることで国内最大級の製材業と林業があるが、山火事、過伐採、および連邦政府所有森林の管理に関する訴訟のために衰退した。1970年代以降、ハイテク産業とサービス業が主要産業になっている。インテル、バイオテクノロジーの巨大企業ジェネンテック、Google FaceBook Amazonのデータセンターがある。州都・セイラムは、「平和」を意味するセム語(アラビア語のsalam、ヘブライ語のshalom)から派生した名称。姉妹都市:埼玉県川越市 カリフォルニア州の愛称: ゴールデンステート。豊かな農業に加えて航空宇宙産業、石油産業、観光産業および情報技術が主要産業。産業廃棄物処理・排水規制、共有空間での禁煙、排気ガス規制など環境関連の規制が全米で最も厳しい。日米開戦後日系アメリカ人強制収容所が開設された。州都・サクラメントは古くから交易の場として栄え、スイス人のジョン・サッターによってコロニーが建設されたことが、現在の発展の元となる。後に州がゴールドラッシュに湧くと、1854年に州都が置かれ、今に至る。ゴールドラッシュが終焉を迎えると今度は肥沃な農作物、野菜の取引所として発展した。 カンザス州の愛称: 向日葵の州。全域が大平原の真っ只中にあって土地が平坦であり、大規模農業に適しているため農業、また牧畜業が盛ん。州全体に単調な田園風景が延々と広がっている。州都・トピカでは人種差別は続いたが、1954年 組織的な人種差別撤廃運動により公立学校における人種隔離が撤廃され、舞台となった小学校は現在は国の史跡になっている。 ケンタッキー州の愛称: ブルーグラスの州。1792年6月1日にケンタッキー州がバージニア州から分離し、連邦15番目の州に昇格した。農業に適した土地柄、馬,山羊、肉牛の生産が行われ、自動車の製造、エネルギー燃料生産、医療設備が重要な産業になっている。ケンタッキーフライドチキンの本拠地がある。ジョージタウンで生産されたトヨタ・カムリはアメリカ合衆国で最多販売車となった。州都・フランクフォートは、同年12月5日に州都と定められた。2000年の人口は27,741人。州最大都市ルイビルはモハメド・アリの出身地。 コネチカッ 州の愛称: 憲法の州。イギリスから最初に独立した13州のうちの一つ。1787年のアメリカ合衆国憲法制定会議において、コネチカットが重要な役割を果たした。コネチカットは大半の指標で裕福な州だが、都市部と郊外部の収入格差が広がっている。ニューケイナンは国内でも所得が高い町だが、ハートフォードは低い方の10傑に入る都市。州都・ハートフォードは『保険の首都』という異名を持つほど、保険業の多くが拠点を構え、保険産業が同市の経済を支えている。また、トリニティ大学やハートフォード大学などがある学術都市でもある。 コロラド州の愛称: 百年祭の州。「コロラド」という言葉は「赤みをおびた」を意味するスペイン語で、コロラド川が山岳部から運ぶ赤い沈泥を表している。ワイオミング州とユタ州と同様に、州境線がすべて緯線か経線になっている。北アメリカ航空宇宙防衛司令部などの連邦機関に加えて、州内には大量の国有林や4つの国立公園があり、コロラド州の総面積の37%を国が所有している。州都・デンバーはアメリカ中部、内陸の金融、経済における中枢として顕著な発展と人口増加が続いており、2015年の推計では全米で19番目の都市圏となっている。標高が約1マイルに位置することから、「マイル・ハイ・シティー」の愛称で呼ばれる。姉妹都市:岐阜県高山市。 サウスカロライナ州の愛称: パルメットヤシの州。サウスカロライナはイギリスから最初に独立した13州の中でも、最初に独立を宣言した植民地だった。人種差別の強い州であったが労働権(労働組合加入の自由選択制)を州法で制定し、海外企業の招致に積極的で経済発展に著しい面を見せる。州都・コロンビアはクリストファー・コロンブスから取った名前であり、アメリカ合衆国そのものを比ゆ的に指す言葉としても使われることが多い。コロンビアは、アメリカで最も住みやすい30コミュニティのうちのひとつとして挙げられた。 サウスダコタ州の愛称: ラシュモア山の州。自然が豊富で多くの観光客が訪れる州という華やかな面がある一方、ゴールドラッシュ期にはインディアンと白人との激しい抗争が繰り返された州でもある。全米で最も経済的に貧しい地域がある州であり、現在でも、インディアン居留地の貧困は、サウスダコタ州が抱える大きな問題として残っている。州都・ピアは、2000年の国勢調査で人口13,876人。 ジョージア 州の愛称: ピーチステート。1776年にアメリカ独立宣言をした13州の1つ。コカ・コーラやCNN、アフラックの本社などがあることでも知られている。ジョージア州が独立した国であれば、世界第28位の経済大国(2007年時点)。州都・アトランタは1996年の夏季オリンピック開催地。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第36位の都市と評価された。 テキサス州の愛称: ひとつ星の州。人口はカリフォルニア州、面積はアラスカ州に次いで全米第2位の州。「テキサス」は、インディアン部族のカドー語で「友人」または「同盟者」を意味する「テイシャ」に由来する。人口が多く、天然資源が豊富であり、多様な民族と多様な地形があることで、大きくまた多様な経済になってきた。メキシコ湾や内陸部に油田が多く、石油資源が豊富であり、エクソンモービルやヴァレロなどの石油会社が多い。カウボーイ文化に象徴される放牧業も盛ん。州都・オースティンは、サムスン電子が全米最大の拠点としているほか、デル、インテルなどの企業が拠点を置いていて、全米で最も発展が著しい都市の一つとなっている。 テネシー 州の愛称: 志願兵の州。これは米英戦争のとき、特に1815年のニューオーリンズの戦いで、テネシー州の志願兵が傑出した働きをしたことから名付けられた。州東部にはアパラチア山脈があり、西側州境はミシシッピ川。主要産品は、繊維、綿花、牛、電力。州内に82,000以上の農場があり、その内およそ59%は肉牛を生産している。州都・ナッシュビルはアメリカ合衆国南東部で4番目に大きい都市。音楽業界の中心地として知られ、「ミュージック・シティ」というニックネームがつけられている。 デラウェア州の愛称: 最初の州。アメリカ合衆国憲法を最初に批准した州。ロードアイランド州に次いで2番目に面積が小さく、人口では45番目だが人口密度では6番目の州。独自の会社法と裁判制度により法人の設立に最適な州として知られ、米国上場企業の50%、フォーチュン500企業の64%、会社数で100万社に及ぶ企業が設立準拠地ないし本社を置く。州都・ドーバーの南東にはドーバー空軍基地がある。また、ドーバー・インターナショナル・スピードウェイでのNASCARのレースでも知られている。 ニュージャージー州の愛称: 庭園の州。イギリスから最初に独立した13州のうちの1つであり、州名はイギリス海峡に位置するチャンネル諸島のジャージー島に由来する。発明家トマス・エジソンは産業革命期の重要人物であり、1,093の特許を取得し、その多くをニュージャージー州で働きながら発明した。州都・トレントンはジョージ・ワシントンのアメリカ独立戦争における最初の戦勝地であった。 ニューハンプシャー州の愛称: 花崗岩の州。州内に広範な花崗岩の層と採石場があることから来ている。ニューハンプシャー州は独自の州憲法を持った最初の州。アメリカ合衆国大統領の予備選挙が最初に行われる州として知られている。州最大都市・マンチェスターは長い歴史を持つ都市であり、文化施設・歴史施設が充実している。また、難民の受入地としての役割を果たしている。 ニューメキシコ州の愛称: 魅惑の地。石油とガスの生産、観光業および連邦政府予算が重要な経済推進力。1912年47番目の州となった。第二次世界大戦の間、ロスアラモスで最初の原子爆弾が設計・製造され、ホワイトサンズ実験場の砂漠で最初の核実験が行われた。州都・サンタフェの市名はスペイン語で「聖なる信仰」という意味。建国より遥か前の1607年に創設された長い歴史を持つ都市で、「アメリカの宝石」と呼ばれ、歴史的な街並みや建築物を残し、独特の食文化を持つ観光都市として栄えている。 ニューヨーク州の愛称: エンパイアステート(帝国の州)。最南端に大都市ニューヨーク市と大きな島ロングアイランド島がある。北部に名所のナイアガラの滝がある。州都・オルバニは一世紀以上に亘り、高度教育の中心地として名を馳せており、また今日では政治と共に福祉医療の街としても注目が高い。 ネバダ州の愛称: 銀の州。州名は近くにあるシエラネバダ山脈(雪に覆われた山脈)から採られた。人口の3分の2以上がラスベガス都市圏に住んでいる。主産業は合法化されたカジノを代表とする娯楽産業と鉱業。20世初期の不況後にギャンブルが産業として興隆し、ラスベガス市が造られることになった。ネバダ核実験場があり、大気圏内核実験、地下核実験が行われていたが、現在は臨界前核実験が行われている。州都・カーソンシティはいずれの郡にも属さない独立都市。本土48州の州都で州間高速道路が通っていない3都市の1つ。 ネブラスカ州の愛称: トウモロコシの皮の州。州名・ネブラスカとは、州内を流れるプラット川に因み「静水」を意味している。州の大部分はロッキー山脈から流れ出る河川によって形成された堆積平野で、西部にはスコッツブラフ、チムニー・ロックなど巨大な岩がある。かつては「不毛の地」であったが、ネブラスカ州の住民は、大草原を牧場や農場に科学的な方法で転換した。青森県弘前市とほぼ同緯度にある。州都・リンカーンは1867年ネブラスカが連邦37番目の州として昇格した際、エイブラハム・リンカーンにちなんでランカスター村からリンカーンと改名された。 ノースカロライナ州の愛称: タールのついた踵の州。元はタバコと家具の生産地として知られたが、バイオテクノロジーや金融分野など多様な経済に転換してきた。アメリカのモータースポーツ(NASCAR)の中心地となっている。州都・ローリーにはオーク(楢)の木が多数立つことから、「オークの街」と呼ばれている。1865年には、南部初の黒人大学、ショー大学が開学した。 ノースダコタ州の愛称: 平和な庭の州。ノースダコタの「ダコタ」は「仲間」の意味。アメリカ・インディアンのダコタ族に由来する。農業が州内最大の産業であるが、石油と食品加工も主要産業に成長している。州西部のバッケン・オイルシェール田の開発で経済的な好調を持続してきた。州都・ビスマークはルイス・クラーク探検隊の北西部開拓ルートの中間点にあたる。市内に公園が多く、周辺には小麦畑や原野が広がる、落ち着いた都市。 バージニア州の愛称: 古き領地。イギリスから最初に独立した13州のうちの一つである。南北戦争では南部連邦側に属し、激戦地となった。バージニア州は一人当たり防衛費の消費額が50州の中で最大であり、約90万人の職を提供し、国内で使われる防衛費の10%がバージニア州で使われている。北バージニアのデータセンターは、国内インターネット通信の50%以上を扱っている。州都・リッチモンドはタバコの集散地として栄え、現在はタバコ、化学、薬品などの産業が中心で、タバコや食品業界で有名なフィリップモリスの本社が置かれているほか、様々な業種の企業が本社を置いている。 バーモント州の愛称: 緑の山の州。州内にグリーン山地があり、州の多くは、山岳と森林で占められている。豊かな自然を背景とした、スキー、サイクリング、フィッシングなどが盛んであり、サマーキャンプやりんご狩りなどには大勢の観光客が訪れる。13植民地以外の最初の州として14番目のアメリカ合衆国の州。独立国時代から奴隷制度を廃止しており、合衆国加盟時に奴隷制度を廃止した最初の州になった。州都・モントピリアは時の流れを止めたような都市。全米50州の州都の中で唯一マクドナルドの店舗がない都市である一方で、全米にただ1社だけ残る洗濯ばさみメーカーが本社を置いている。 ハワイ州の愛称: アロハ・ステート。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州。現在の州法では一切のギャンブルが禁止されており、宝くじも販売されていない。死刑制度は廃止されている。軍需、観光、農業(パイナップル、コーヒ)が主要産業。州都・ホノルルにはワイキキビーチやクヒオ・ビーチなどのビーチ、ダイヤモンドヘッド、中華街、アメリカ唯一の宮殿であるイオラニ宮殿などがある。 フロリダ州の愛称: サンシャイン・ステート。ケネディ宇宙センター、スペースポート・フロリダ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シー・ワールド・オブ・フロリダなどがあることで有名で、アメリカでも有数の観光地として知られている。州都・タラハシーの市名は先住民族マスコギ語族の言葉「古い町」に由来。州政府機関と大学が地域経済の要となる、州会議事堂から半径1マイル以内に市の人口のほとんどが収まってしまう南部の小さな町。 ペンシルベニア州の愛称: 礎石の州。都市製造業の中心は、フィラデルフィア市、ピッツバーグ市など主要都市にあり、州域の大半は田園。カジノが2004年に合法化された。州内に9か所のカジノがあり、建設中または計画中のものが3か所ある。州都・ハリスバーグは全米の州都としては最も古く、最も歴史上重要な都市のひとつ。ハリスバーグ郊外で起こった惨事、スリーマイル島原子力発電所事故でも有名。 マサチューセッツ州の愛称: 入り江の州。東部のボストン大都市圏と、西部のスプリングフィールド大都市圏という2つの中心地がある。ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などがある。政界ではケネディ家が特筆される存在だった。州都・ボストンはアメリカで最も歴史の古い街の一つであり、「ニューイングランドの首都」と言われることもある。世界9位の金融センター。アメリカ最初の公立学校であるボストン・ラテン・スクールが生まれた。高等教育の中心地であるとともに、医療の中心地でもある。 ミシガン州の愛称: 五大湖の州。北米における自動車産業発祥の州。近年は、州内自動車産業の不振により全米トップレベルの失業率が続いており、デトロイトは犯罪発生率の高い都市として不名誉な点で有名。州都・ランシングの雇用者の多くは政府職員。また、市の周辺にゼネラルモーターズが複数の工場を持っており、住民の多くが雇用されている。 ミシシッピ州の愛称: マグノリア(楢)の州。州名はインディアン部族オジブワ族の、部族語で「大きな川」を意味するミシシッピ川から取られている。2007年、アメリカ合衆国国勢調査局報告書は、ミシシッピ州が国内最貧州であることを示した。州都・ジャクソンの市名はアンドリュー・ジャクソン大統領に因む。1920年代に鉄道の開通によって発展し、また綿花の集散地として発展した。その後は天然ガスの発見もあり、石油、ガス、食品、木材、ガラス加工などの産業が興った。 ミズーリ州の愛称: 疑い深い州。第33代アメリカ合衆国大統領トルーマンは、ミズーリ州唯一の大統領。観光が州の主な産業の一つとなっている。飲酒、喫煙の規制が緩やか。カジノ運営に意欲的。高規格道路建設により州の人口は600万人を超えるが2008年の交通事故死者数は941人。州都・ジェファーソンシティの市名はアメリカ合衆国第3代大統領、トーマス・ジェファーソンにちなんでいる。 ミネソタ州の愛称: 北極星の州。社会と政治の方向が比較的多様なことで知られ、市民の意識は高く、投票率も高い。健康管理で評価され、識字率も高い。住民の大半は北欧とドイツから移民してきた人々の子孫。州都・セントポールの市名は1841年に建てられたセント・ポール大聖堂に由来。このセントポールと西に隣接するミネアポリスとをあわせて「双子の都市」と呼ばれる。命名のゆえんは、ミネアポリスが州の経済・文化の中心であり、セントポールがミネソタ州会議事堂や州の各種機関が集まる州の政治の中心地である事による。長崎市とは日米初の姉妹都市を提携した。 メイン州の愛称: 松の木の州。全土の90%近くが森林であり、内陸の森林地帯はほとんど人の住まない所。観光業と屋外レクリエーションが州経済の主力となり、次第に重要性を増している。狩猟、釣り、スノーモービル、スキー、ボート乗り、キャンプ、ハイキングなどで人気のある観光地になっている。州最大都市・ポートランドはメイン州の文化・社会・経済の中心地。漁業と商業を主産業とし、歴史的な街並みを残していて人気のある観光地となっている。博物館・美術館が建ち並び、市内には複数の大学がキャンパスを構え、文化都市としての側面も有している。 メリーランド州の愛称: 伝統ある州。州内に400以上のバイオテクノロジー会社があり、生命科学の研究と開発の中心となっている。大統領専用機エアフォースワンの拠点であり、日本をはじめ他国政府専用機も利用するワシントンD.C.の最寄りの基地アンドルーズ空軍基地がある。州都・アナポリスは海軍兵学校の町として知られる。海軍兵学校を指して「アナポリス」と言うこともある。「アメリカのセーリングの都」と呼ばれ、ヨットのメッカとしても知られていて、大規模なマリーナがある。 モンタナ州の愛称: 宝の州。「モンタナ」という名前はスペイン語で山の国を意味する Montana から来ている。経済は主にサービス業に基づいており、東部では牧畜業、小麦農業、石油と石炭の採掘、西部では林業、観光業および岩石採掘業が盛ん。毎年多くの観光客がグレイシャー国立公園、リトルビッグホーン戦場跡国定保護区、およびイエローストーン国立公園を訪れている。州都・ヘレナにはゴールド・ラッシュ時代の歴史的な建築物が多く、重要な観光資源となっている。また、周辺にはロッキー山脈の大自然や原野が広がっている。 ユタ州の愛称: ミツバチの巣の州。州名は、この地に先住するインディアン部族、ユテ族(「山の民」の意)に因む。約80%はソルトレイク市を中心とする地域に住んでいる。このために州内の大半の地域にはほとんど人が住んでいない。州都・ソルトレイクシティは西部高原地域の経済・文化の中心地となっている。2002年には冬季オリンピックが開催された。姉妹都市:長野県松本市。 ルイジアナ州の愛称: ペリカンの州。州内幾つかの都市圏では、多文化、多言語の遺産が残っており、州に昇格する前に、アメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。石油と天然ガスの資源が豊富。アメリカ合衆国の石油生産はその3分の1が沖合からで、その80%はルイジアナ州の深海から生産されている。州都・バトンルージュの市名はフランス語で「赤い杖」を意味する。インディアンが狩場の境界に杉の木を赤く染めて標識としたのにちなむ。1992年日本人留学生射殺事件が起きた ロードアイランド州の愛称: 海洋の州。州内の陸地の奥深くまでナラガンセット湾が入り込んでいることから、「海洋の州」と呼ばれる。独立時の13州の1つ。全米50州の中で面積最小の州(滋賀県と同程度の面積)。州都・プロビデンスは米国ではじめて工業化を果たした都市であり、かつてはテキスタイル、宝飾などの製造加工業が盛んであった。今日では学術、文化都市としての側面が強くなっている。 ワイオミング州の愛称: 平等の州、カウボーイ州。ワイオミングとはアルゴンキン語族インディアンの言葉で「大平原」を意味する。人口密度は2人/k㎡。ロッキー山脈から流れ出る河川によって形成された台地状の大平原。州の土地の48%以上がアメリカ合衆国政府の国有地(大半は土地管理局と森林管理局の管理する国有林、国有草原)。イエローストーン国立公園などがある。州都・シャイアン 。市名はインディアンのシャイアン族からその名を取っている。西部開拓時代の町並みや雰囲気を色濃く残し、観光州ワイオミングの中でも人気の高い観光都市。 ワシントン州の愛称: 常緑の州。州の名はアメリカ建国の父で初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンに由来。近年ではマイクロソフトの本拠地であり、スターバックスの発祥の地などとして知られる。任天堂のアメリカ本社がある。州都・オリンピア。市名はオリンピアの北にあるオリンポス山にちなんで命名されたもの。");

ページの先頭へ